あなたの萩原行政書士事務所が教えるビザ

新型コロナウイルスと日本人に対する各国の入国制限

新型コロナウイルス

(日本人に対する各国の入国制限)

 

2020.03.14

萩原行政書士事務所

 

 

 

1.外務省は、313日(金)午前7時に更新した海外安全情報をホームページに掲載しました。

 

新型コロナウイルスのパンデミック状況で、いまから日本人の方がどうしても海外渡航せざるを得ない場合には最低限必要となる情報です。

事前にチェックしておきましょう。

 

なお、現地でお困りの状況になってしまった際のために、渡航を予定している国にある最寄りの日本大使館の連絡先(所在地・電話番号)を把握しておきましょう。

 

3/13時点での国別感染者数は、中国(80813人)、イタリア(15113人)、イラン(10075人)、韓国(7979人)、スペイン(2950人)、フランス(2876人)、ドイツ(2305人)、米国(1416人)、スイス(814人)、日本(675人)ほかです。

 

 

当該記事は、外務省海外安全ホームページの中にあります。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

 

2.冒頭で公表しているのは、

 

「各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況」

(国別比較グラフおよび各国・地域毎の情報)

 

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

 

3.次いで、公表しているのは以下の内容に係る詳細な情報です。

 

「各国・地域における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況」

 

更に、313日午前7時更新の最新情報を外務省記事として以下の件名で掲載しています。

 

「新型コロナウイルス」

(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

 

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

日本からの入国が制限されている国・地域は、35か国/地域になっています。

入国後に行動制限措置がとられている国・地域は、76か国/地域です。

 

 

これらの情報をご覧になられても、良く解らないという方、海外渡航に心配のある方は一度萩原行政書士事務所にコンタクトしてみて下さい。

HPでは「contact」(お問合せ)からご連絡をお願いいたします。

E-mailでは下記のアドレスからお願いします。

 

各種のWEB情報を踏まえてご相談に応じてまいりますので、

ご遠慮なくご照会ください。

 

******************************************

萩原行政書士事務所

行政書士 萩原伸一

E-mail: visa.hagi@gmail.com

HP: https://www.visahagiwara.com

ブログ:https://ameblo.jp/visakei

Twitter: https://twitter.com/visakei1

*********************************************

 

事務所移転のお知らせ

2020.02.08

 

こんにちは

この度、萩原行政書士事務所は、下記のとおり移転いたしました。

 

自由が丘の旧事務所におきましては、これまで近隣の方々を始め

皆様方のひとかたならぬご愛顧を頂き心より感謝申し上げます。

 

これからも皆様方にご支援できますことを喜びとして

日々尽力してまいります。

 

引き続き新事務所におきましても

皆様方の変わらぬご厚情をお願い申し上げ、

事務所移転のお知らせとさせていただきます。

 

            記

 

【新事務所】

萩原行政書士事務所

行政書士 萩原伸一

Mobile070-4140-6371

E-mail: visa.hagi@gmail.com

https://www.visahagiwara.com

 

以上

 

あなたの行政書士が教えるビザ! 萩原行政書士事務所の特徴

私は、長い間、日本大使館のビザ発給責任者として、「日本入国ビザ(査証)」の審査・発給を仕事としてきました。
これらの実務経験から、特に短期滞在ビザについては、豊富な知見を生かしてクライアント様のお役に立つ情報を提供し、厚い信頼を寄せていただいております。

もちろん中長期のビザ、「外国人の就職・転職、国際結婚、留学生、WH制度、外交・公用ビザ」のほか、「公文書の認証、日本人の海外旅行(ESTA登録関連)」についても扱っておりますのでご遠慮なくご相談ください。

他にも得意分野としては、日本の公的機関が発行した文書の外国提出用の認証すなわち公印確認証明の申請やハーグ条約加盟国向け提出のためのアポスティーユ証明の申請に関する職務も担当、アメリカ旅行に必要なESTA登録も係わり、同業他社様からのお問い合わせもございます。
夏の南ドイツ
夏の南ドイツ

あなたの行政書士が教える!”お困りごと相談” 

「頼れる街の法律家」行政書士。
皆さんの”どうしよう”に
今日も向き合っています。

日々の暮らしやビジネスの中で、出てくる困りごと。
誰に相談したらいいか分からない時、行政書士がお役に立てるかもしれません。
私たちは、面倒な書類の提出や申請を行ったり、相談に乗ることで、皆さんの”どうしよう”を解決するお手伝いをしています。

暮らしのお困りごと(相続、遺言書、契約書、日本国籍取得、土地活用、渉外身分関係(結婚・離婚・養子縁組)、家庭問題に関すること)やビジネス(外国人の雇用、お店の設立、各種営業許可申請に関すること)のお困りごとは、行政書士に相談してみませんか。
 
煩わしい行政への手続きや法律的なトラブルは、頼れる専門家に相談して任せてみてはいかがでしょう。
私たちは、皆様にとって身近な法律問題を解決する心強い味方となります。

お客様のニーズに合わせて、場合によっては他の専門家と連携・協調して安心のサービスを提供いたします。

最近では、頼れる街の法律家として自由が丘を中心に田園調布・緑が丘・奥沢周辺のお客様からご照会を賜わり、お手伝いをさせていただいております。

<<ご参考:報酬額について>>
1.初回のご相談は無料です。ご遠慮なくお問い合わせください。
2.2回目以降は有料のご相談となります。
有料相談の標準的な報酬額は、前金で1回5千円(30分程度)からとなります。

電子書籍「日本の短期滞在ビザ」発行!!

萩原行政書士事務所の開設1周年を記念して、このたび電子書籍「日本の短期滞在ビザ」を発行することができました。

日本でも数少ないこの分野の専門家が書き下ろした、お客様とのQ&A事例を豊富に盛り込んだ実用的な書です。

12月中の年内はお手頃価格での発売で、お得感が一杯です。

是非、PDFファイルを開き、遊んで行ってください。



PDFファイルを表示

賀正

令和2年

2020年東京オリンピックの年

あけましておめでとうございます

CONTACT

外国人のビザを専門とする萩原行政書士事務所です。
日本大使館のビザ発給責任者でした。
◎ビザ、在留、帰化、外国人雇用
◎日々の暮らしやビジネスのお困りごと相談

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP