自由が丘の行政書士が教えるビザ!萩原行政書士事務所

招へい理由書

招へい理由書

○招へい理由書
(1)まず留意しておきたいのは、これまでにも述べていますが、書類の真偽、有効期限、事実記載に誤記載はないか?、提出書類に矛盾はないか・整合性はあるか?等の諸点です。

(2)ついで、書式への記入方法です。
①宛先:ビザを申請する人が実際に居住している地を担当する日本大使館・総領事館名を記入します。例えば、ニューヨークに住んでいる中国の方でしたら、空欄にニューヨークと記載し、総領事を丸で囲みます。見た目では在ニューヨーク日本国総領事殿となります。

②日付:実際に記入した日で構いません。ただし、招へい理由書の有効期限は3か月ですので、記入日から3か月以内に現地の日本大使館・総領事館の指定した窓口に提出することが必要です。

③招へい人:日本にいて外国人を呼びたい、招へいしたいという方のことです。
同じ人が招へい人で、かつ身元保証人となる場合は、招へい理由書の招へい人欄は「省略」と記入してください。この欄には記入を省略することができます。押印も省略できます。
押印は実印ではなく認印でも大丈夫です。
会社の場合は代表社印、役職印又は社印を押印します。
印鑑を持っていない外国人の方の場合、署名をすれば大丈夫です。

④ビザ申請人:海外にいて日本入国のためのビザが必要で、申請しようとしている外国人の方を指します。ご本人の氏名は一文字でも間違えてはいけません。大変でしょうけれども先方から教えてもらって、必ずご本人の旅券上のアルファベット表記で記載するようにしましょう。
一つの窓口へのビザ申請に複数の申請人がいる場合は、申請人リストを作りましょう。この場合、招へい理由書には代表者となる人の必要事項のみを記入して、別途、申請人全員のリストを作ります。招へい理由書に記載した代表者を含めた全員のリストですよ。
なお、漢字氏名を持つ中国の方等の場合は、括弧書きで漢字表記もあわせて入れてあげると、審査する方は分かり易いので良いでしょう。

⑤招へい目的:今回招へいするに至った目的を記入します。
悪い例ーー観光、旅行、親族訪問、友人招待、商用、といった一言だけの記載
良い例ーー上海旅行の際にお世話になった現地の担当者の方を、お礼に日本に招待するため。
米国ロスの大学留学中に知り合った友人を夏休みに日本へ招待したいので。
今後の商取引を見据えた先方代表者との面談・弊社工場見学のための招へい。
外国人妻の出産を控えて本国の母親を短期間招へいしたい。

⑥招へい経緯:どうして日本に呼ぶことになったのかその理由、これまでのいきさつ。今回招へいするまでに起こっている過去の出来事を記載します。
悪い例ーー空欄、招へい目的欄と同じような記載。
良い例ーー3年前、中国への団体旅行の際に北京でお世話になったガイドさんを、日本側の関係者一同で京都・奈良観光案内をしようということになった。
ーータイ人女性と結婚して8年、これまで一度も両親を日本に呼んだことがないので、今回、妻の母親を1か月ほど日本に呼びたい。

⑦申請人との関係:そのまま日本側招へい人と海外にいる外国人との間の関係を記載してください。招へい人から見たビザ申請人との関係です。
例ーー友人、知人、取引先、特に親族訪問の場合は申請人との親族関係を記載します。親族関係は三親等以内であることとなっています。

CONTACT

外国人のビザを専門とする目黒区自由が丘の萩原行政書士事務所です。
日本大使館のビザ発給責任者でした。
◎ビザ、在留、帰化、外国人雇用
◎日々の暮らしやビジネスのお困りごと相談

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP