自由が丘の行政書士が教えるビザ!萩原行政書士事務所

カナダ編

プリンス・エドワード島

○女流作家 L.M.モンゴメリの小説「赤毛のアン」で有名なプリンス・エドワード島。
赤毛のアンの舞台となった緑屋根の家 Anne of Green Gables は、州都シャーロットタウンから車で約30分のキャベンディッシュにあります。私もレンタカーを手配して目的地までドライブし、アンの家や作家モンゴメリの墓その周辺を散策して廻りました。この一帯ののどかな風景に暫らく浸っていると作者のモンゴメリは女性としての感性を存分に輝かせて、細やかで優しさも一杯詰まった作品として赤毛のアンを仕上げたであろうことは容易に想像できました。それほどこの島のアンの家周辺の景観や雰囲気、なだらかな起伏の続く土地の形状や穏やかな気候と物静かなたたずまいは、小説「赤毛のアン」の中に自然と滲み出ているようで読んでいてもそれを行間から感じるような気がします。
○翌日は、シャーロットタウンの劇場で「赤毛のアン」の舞台劇を見ました。小説にもありましたが、アンが子供のころ男友達に、 Anne is short-tempered とからかわれ、「なぜ人をいじめるの」「変わっていることがいけないの」と食って掛かった場面は、アンが気丈夫な女の子で、かつ、想像力豊かで、正義感が強く、お喋り好きな子であったことを物語る一つのエピソードでしょう。
○島内をドライブしていると海沿いのレストランではあちこちにロブスター料理の看板を出しているのが目に入ります。そうです。プリンス・エドワード島はロブスターで有名なところでした。お店の裏の海側には船着き場があって漁師の船が出入りしていることやロブスターを取る漁具が日干しされている様子からロブスターを直営販売しているというのも納得がいきます。そんなこんなで、昼食時間と午後のおやつの時刻に、また夕食にも地元のロブスター料理を心行くまで堪能することとしました。私は1ポンド半くらいの大きさのロブスターが好物で、1ポンドでは少々物足りなく、2ポンド越えの大きさでは少々持て余し気味でした。
因みに、テキサス・ティーボーン・ステーキを注文する時でしたら1ポンドくらいのものを頼みます。2ポンドでは多すぎて食べきれませんし、オンス単位のミニサイズをオーダーしようとすると、お店のお兄さんから、それはキッズメニューだと言われてしまったことがありました。
○私の好きなロブスターの料理
生きたままのロブスターを沸騰したお湯に20秒弱サッと入れただけでおしまい。あとはお好みの調味料、お醤油味か、マヨネーズか、ケチャップかで戴いてます。色は透き通ってお刺身のように身もぷりぷりしていて最高の絶品です。
伊勢海老のお刺身
のどかな風景
シュノンソー城(仏)近くの小屋
緑一杯の庭

ハリファックス(甘海老・オマールロブスター)

○ハリファックスは、大西洋のニューファウンドランド沖合にある大陸棚を漁場に最高級の魚介類のとれる地域に近い漁港として有名。
○今までで一番新鮮で甘く、おいしかった甘海老
○生きたままのロブスターを沸騰した湯に20秒前後入れます。、身が透き通ってお刺身みたいな色合いと幾分こりこりした触感の状態で戴く味が最高の絶品。
30数秒以上も沸騰した湯につけてしまうと、身は白くなって普通に茹でたロブスターになってしまいます。
伊勢海老のお刺身
海岸沿いの家(米)
ロブスター
ビーチのサンセット

アルゴンキンの紅葉

アルゴンキンは、カナダ・オンタリオ州の北部、トロントから北に数時間のドライブで着く大森林地帯です。森の中は広く、秋の紅葉は見事というほどで、数時間ドライブしても紅葉の森はまだまだずーと続くようなところでした。カナダは実に広大な国のうえ、大自然に恵まれた土地柄ですね。
何年後かになってインドにも行きましたが、その時にはっと気が付き、強く感じたことは、「人」と「自然」という言葉でした。インドは人が多く人の生きる社会、町の様子をよく見ると町の中心にはカーストの人々が住み、その周辺にはアウトカースト以下といわれる不可触民がバラック小屋に住んでいます。家庭のゴミは使用人に拾われ、更には、犬猫に荒らされ、最後には町の外に生活する不可触民の人々によって夜中に持っていかれて、きれいになくなってしまいます。そのようにインドでは人間の有りの儘の生きざまをまざまざと見せつけられたような気がしますが、一方で、カナダは人が少ないこともありますが、人というよりは大自然そのものが一杯で「自然」を感じる国だと思いました。
色づき始める木々
紅葉と小川
赤く染まった木々

将棋名人米長さんに指導対局を受ける

○傷心の旅
何回目の名人挑戦でしたでしょうか。当時、米長さんが中原名人との名人戦に敗れ、傷心の中やってこられたのはカナダのトロント。トロントからは車で北に数時間ドライブした地域にアルゴンキンという森林地帯が広がっています。この森はとてつもなく広く、まさにその規模は広大無辺。人っ子一人として通り過ぎることは全くと言っていいほどなく、人の気配を感じることなしに日々の雑用に追われることもない大自然の中でゆっとりとした自分だけの過ぎ行く時間に浸っておられたのではないでしょうか。
カナダは本当に広く大きな国で大自然が豊かですね。
米長さんはしばらくこの森の奥に滞在して、一人静かに瞑想にふける日々を過ごしていたと聞いています。

○米長さんに指導対局を受ける
山ごもりを終えて都会に出てこられた米長さんに、地元の有志がお願いして指導対局をしてもらうことになりました。取り纏めの世話役は、この町で毛皮店を営む方でした。その方の紹介もあってこの時私も参加していて、飛車と角の大ゴマ2枚を落としてもらった2枚落ちの対局でしたが、全く手が出ず完敗でした。
対局開始にあたり米長さんから「(駒落ちの)定跡は?」と尋ねられたので、この時しまったと思いつつ、「すいません。全く定跡の勉強はしてきておりません。」と答えました。
ただ、目の前におられる人は、名人位を争うほどの将棋のトップ・プロ、超一流の人であることはとうに承知なので、私は随分緊張していたのだと思います。ずーと正座のし通しでした。
十人ほど指導対局を受けて、数人が駒落ちでも米長さんに勝ったと喜んでいました。
勝った人は自分が一番強いと自慢したそうで、後日その話を伝え聞いた米長さんはどうも私が強いと見ていたらしく、優勝カップを寄贈するので米長杯争奪戦をやってはどうかと提案してくれました。

○現地邦人紙に私の優勝記事が
いよいよ米長杯争奪将棋カナダ・オープン戦開催となり、トロントの邦人紙も取材にやってきました。参加者は数十名、結果は私の優勝となって、米長杯の優勝カップを手に喜びの表情一杯の写真と優勝の感想と棋譜のコメント付きでトップの一面に大きく掲載され、めでたく幕を閉じました。

○後日談

米長杯争奪戦で優勝させてもらった数か月後のことでした。

お世話役の方と雑談する機会があって、米長さんの話に花が咲いたそのときに聞いたお話です。

お世話役の彼が日本に一時帰国した際に米長さんにお会いして、優勝カップ寄贈の御礼とオープン戦を無事に開催、私の優勝となったことを報告したそうです。米長さんは結果報告を聞いて、そうなるであろうことを前から予測していたような感想をおっしゃっていたようで、そのお話には少し驚きました。

米長さんの事前予測の根拠はというと、トロントでの指導対局の時に実際に指してみて感じたことですということでした。米長さんは一番強いと見た私をお山の大将にしてはいけないという思いからか、厳しく教えてくれました。勿論、私は局面中盤の途中で投了するほどの惨敗となりました。

他方で、指導対局に勝った何人かの人は自分が一番強いと思ってしまったのかもしれません。米長さんの予想通り、その後トロントの将棋仲間内ではおかげさまで私が一番勝率が良かったようです。

米長名人の慧眼に敬服してご冥福を祈りつつ。

 


 

トロント

カナダは国として世界最長の海岸線を有することで知られていますが、カナダ最大の都市トロントには、世界最長のストリートといわれるヤングストリート(yonge street)があります。全長が五大湖の一つのオンタリオ湖からオンタリオ州の端まで1,896キロに及んでいて、この道はその昔原住民が湖から内陸までの移動に利用していたようです。
オンタリオ湖岸のウォーターフロントにはおいしいシーフードレストランがいくつかあり、家族や友人と楽しい食事ができます。湖岸に沿ってクイーンズ・キー・イーストやウエスト通りがあって、中央のユニオン駅を始発点としてヤングストリートは北へ伸びていきます。
駅周辺には、CNタワーやトロント・ブルージェイズの野球場があって、町の中心となるヤング通りを駅から北に向かって進むと、トロントで一番大きなショッピングモールといわれるイートン・センターに出ます。このモールもなかなかお洒落な造りの建物で観光名所の一つとなっています。
何年か前に地元の友人に会うために、ちょっと立ち寄ったことがありますが、その時に感じたのは依然と違って少しアジア系の人が多いなということでした。私が住んでいた当時でも、トロントの北の地域周辺に一万人規模のチャイナタウンが新たにできたということもありました。とはいえ、そこの中華料理はこれまた絶品で、お昼時の飲茶は美味しくてまた行きたくなりますし、北京ダックのフルコースは忘れられない思い出となっています。
ところでトロントの日本人ですが、手元資料によるとカナダ全体の在留邦人数約6.6万人、うちトロントは約1.8万人、バンクーバーは約3.3万人(いずれも外務省統計2015年)、全カナダの日系カナダ人は約10万人(2011年)となっていて、そのほとんどはバンクーバーとトロントの二大都市周辺に住んでいるようです。
ある時高齢の日系カナダ人の方とお話しする機会がありましたが、その方の日本語は昔ながらの言葉使いでそれはまるでタイムマシンで過去に戻ったような、私の子供の頃のおじいちゃん・おばあちゃんの話し方を思い起こさせるような、なぜか懐かしい響きがありました。

世界の三大瀑布(ナイアガラの滝)

○トロントから車で数時間、オンタリオ湖の西側を南にドライブするとフルーツ・ランドが見えてきます。ここは温暖な気候のせいもあって果物の豊かな場所で、時期によってイチゴ狩りやサクランボ狩りが楽しめます。ここまでくるともう一息で、ナイアガラの旧市街に着きます。世界の三大瀑布の一つナイアガラの滝はもう目と鼻の先です。
ナイアガラの滝はもうちょっと頑張ってドライブすれば到着です。
この滝はカナダとアメリカの国境にあり、五大湖のエリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあります。
滝の近くでのぞき込むと圧倒的な水量で、滝つぼまで吸い込まれそうな感じがして怖いくらいです。
滝を見ていた時、なぜか幼心に戻ったみたいになりました。
○三大瀑布をすべて見てみたい!
そう思っている自分自身に気が付きました。

その気持ちがあって、十数年後には
なんと、
○ビクトリアの滝を見に、アフリカに住んでいました。

まったく大人げない行動かもしれません。
でも、気持ちは男のロマンを満たして大満足です。

ナイアガラの滝
イグアスの滝
日本・華厳の滝

サウザンド・アイランド

○オンタリオ湖からセントローレンス川につながる途中にサウザンド・アイランドと呼ばれるところがあります。
○ドレッシングで知られるサウザンド・アイランドの由来はここから来たの?
(以下、このページは準備中。) 
ハンプシャー州マナーハウス
瀬戸内海
夫婦岩

カナディアン・ロッキー

(以下、このページは準備中です。)
ヨセミテ公園
グランドキャニオン
山岳の町(グルジア)

トロント・ブルージェイズ

(以下、このページは準備中です。)
東京ドーム

CONTACT

外国人のビザを専門とする目黒区自由が丘の萩原行政書士事務所です。
日本大使館のビザ発給責任者でした。
◎ビザ、在留、帰化、外国人雇用
◎日々の暮らしやビジネスのお困りごと相談

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP