自由が丘の行政書士が教えるビザ!萩原行政書士事務所

ドイツ編

グリム童話

○ある日、ベルリンにグリム兄弟のお墓があることを知り、休日の午後、ベルリン市内にある墓苑を訪ねました。グリム兄弟のお墓は観光客用に目立つような特別の案内板や目印はなく、普通の人と変わらないような状態で墓苑の片隅に静かに佇んでいました。すぐ分かるようにはなっていなかったので、見つけ出すのに一寸苦労しましたが、これがドイツの人たちの接し方・おもてなしなのかもしれません。
○グリム兄弟が生まれて主に活動した町はドイツ中部だけだとばかり思っていました。確かに生まれはハーナウで、兄弟が幼いころ父の死亡で困窮し、伯母さんの支援を受けてどうにかマールブルク大学へ進学するようになり、長じてゲッティンゲン大学の教授となるところまではおぼろげな記憶もあったのですが、晩年、兄の方がベルリン大学の教授になっていたんですね。この時弟もベルリンにいたようです。もう一人のグリム3兄弟の末弟は、童話作成に係わる活動には登場してきません。
ベルリンには全く縁がないと思っていた私は、お墓を見つけた時はちょっとした喜びがあり、かつ、無知な自分のゆえに何も知らなかったことへの驚きもありました。
その驚きが一つの引き金になって、今度は、ハーナウやマールブルク、ゲッティンゲンの町を訪ねてみたいと思い立ち、夏休みの機会に駆け足でしたが車で見て廻ってきました。
そこでもまた別の町でカッセルのヴィルヘルムスヘーエ城やブレーメンの音楽隊等々色々なが発見がありましたので、それについてはいずれ触れていきたいと思います。
○まず、グリム童話のお話の内容ですが、初期の物語のストーリーでは結構恐ろしい結末が待っていたりしてるという事実でした。これにはびっくりしました。グリム童話についての展示館に寄って見た時に館内に展示されている挿絵や説明書にはそのような絵がいくつかありました。そのままでは子供にとって夢を壊すようなお話になってしまいますので、現代版はどこかで少しずつ子供たち用の童話に内容が変遷してきているのだと思います。

シャンボール城(仏)
古書

チューリンゲン地方

○ドイツ中央部に位置するチューリンゲン地方は、1990年ドイツ統一まで東ドイツになっていて、統一後にやっと自由に行き来できるようになりました。この地方一帯の多くはなだらかな丘陵と森に蔽われ、一帯を横断するようにゲーテ街道が通っています。
ドイツの中央部分に位置しますので、はるばる北の方向には魔女伝説で有名なハルツ山地がありますし、ずーと南の方にはワーグナーのオペラ公演で有名な夏の音楽祭で知られたバイロイトがあります。
この地方で私が興味を持っていたのはワイマールの町です。この町は歴史上かってない国の根幹として平和の理念を謳ったワイマール憲法を創始したことで有名ですし、何より町には、文豪ゲーテや彼を慕って近くに住んだといわれるシラーの家、更には、今でも本人が愛用したオルガンの残る作曲家リストの家が歩いてすぐのところにあるので、短時間で観光することができます。
ワイマールの夜は、心静かにチューリンゲン地方の郷土料理を楽しみましょう。
ゲーテも通った歴史と伝統のある典型的なドイツ料理のレストラン「ツム・ヴァイセン・シュヴァン」は、天皇・皇后両陛下もお食事をされたそうです。日本人の客は少ないので結構珍しがられるかもしれませんが、お料理もおいしくて満足な夜を過ごすことができました。
○また、このチューリンゲンの森には妖精の洞窟とも呼ばれる地下洞窟「ザールフェルト・フェーエングロッテン」もあり、この洞窟は大自然の作り出した世界一カラフルな洞窟で有名です。昔採掘された鉱石や鍾乳石がライトアップされて様々な色合いの輝きを見せてまさに神秘的な空間といえましょう。鉱石といえば、ここから北東に数時間ドライブしてコットブス方面にやってくるとかっての石炭の廃鉱跡地が出てきます。ここも結構な規模の廃鉱ですが、人知れず片田舎に佇んでいる様子で、すっかり世間から忘れ去られてしまった感のある、のどかですがちょっとばかりさみしい風景が続いています。

ロマンティック街道

(このページは準備中です。)
のどかな風景
ハンプシャー州マナーハウス
ノイシュバンシュタイン城

ライン下り

(このページは準備中です。)
街と河(英北部)
色づき始める木々

古城巡り

(このページは準備中です。)
シャンボール城(仏)
ブロア城(仏)
アニック城(仏)
シュノンソー城(仏)

南ドイツを行く

○ミュンヘンのビール祭り
○ミュンヘンからアルプスへ
○黒い森
○自動車工場

(以下、このページは準備中です。) 
ビール祭り
スドリーの庭園
ヨセミテ公園(米)
山岳の町(グルジア)

ドレスデンとライプツイッヒ

(このページは準備中です。)
ブロア城(仏)
緑一杯の庭

メルケル首相の出身地

(このページは準備中です。)
のどかな風景(英)
ビーチのサンセット

日本人医師のお墓

(このページは準備中です。)
白い花(曼珠沙華)
ジョージタウンの荒れた墓地

ブレーメンの音楽隊、ハーメルンの笛吹き男

(このページは準備中です。)
スドリー城の庭園
シュノンス城近くの小屋

CONTACT

外国人のビザを専門とする目黒区自由が丘の萩原行政書士事務所です。
日本大使館のビザ発給責任者でした。
◎ビザ、在留、帰化、外国人雇用
◎日々の暮らしやビジネスのお困りごと相談

ブログ更新情報

ブログを見る

携帯用QRコード

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
PAGE TOP